カーボン・オフセット制度って何?

カーボン・オフセット(ニュートラル含む)の取組やオフセット・プロバイダーのクレジットの取扱いについて、
第三者の審査/検証/確認を経て認証や情報公開が行われる制度です。
信頼性のあるカーボン・オフセットの取組を推進するため、環境省が創設しました。

カーボン・オフセット制度はカーボン・オフセット宣言と何が違うの?

一番の違いは「第三者の審査等による信頼性の担保」がなされているかいないかです。
カーボン・オフセット制度では、第三者の審査/検証/確認がなされるため、
信頼性の高いカーボン・オフセットの取組であることを社会に広くアピールすることができます。
 一方、カーボン・オフセット宣言では第三者の審査は行われないため、
透明性のある情報提供を行っているということを自己主張することになります。
どちらの仕組みに参加しても、環境省の設けるウェブページで情報提供が行われますが、特に信頼性の高い取組として、
社会的なPRを考えている場合には第三者の視点が入ったカーボン・オフセット制度に参加されることをお勧めします。

詳しくは、カーボン・オフセット制度ウェブサイトをご覧ください。

カーボン・オフセット制度ウェブサイト

カーボン・オフセット宣言に登録する